2017年(平成29年) 12月13日

大弦小弦

[大弦小弦]小学生の女の子が興味津々で私の一眼レフカメラを…

 小学生の女の子が興味津々で私の一眼レフカメラを見ている。手渡してシャッターの切り方を教えたら、そのまま駆け出して撮影に行ってしまった。イベント会場でのこと

▼5分ほどで返してくれたので撮影画像を見てみると、とびっきりの笑顔をした大人がたくさん写っていた。おじさんには絶対撮れない。写真には被写体だけでなく、撮る側との関係も写る

▼最近増えてきた小型無人機ドローンは少し違う。機体は見えても操縦者がどこにいるか分からない。撮る側だけが見ている、一方的な関係

▼ヘリより低空で、見たこともない角度から撮れる。本部町のカツオのぼりの写真は迫力があった。米軍基地のフェンスも悠々と越える。辺野古や高江の基地建設現場で、ベールをはぐ武器にもなっている

▼首相官邸の屋上に落ちたりして、国は安全面の規制を強化している。過渡期だからこそ、撮る側の姿勢も整理する必要があると思う。風景や事故現場なら良いか。県民大会のガンバロー三唱は、式典で黙とうしている人々は、どうか

▼昔の人は魂を抜かれると言って嫌がった。写真はイメージを奪い去る暴力を秘めている。だからせめて撮る側も身をさらす。便利なズームレンズに頼らず寄っていく。「足ズーム」という言葉がある。ドローンとは対極の泥臭さも、忘れずにいたい。(阿部岳)

ルポ 沖縄 国家の暴力 現場記者が見た「高江165日」の真実
阿部 岳
朝日新聞出版 (2017-08-21)
売り上げランキング: 5,370

あわせて読みたい

関連リンク

大弦小弦のバックナンバー

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間