「就職難」から「人手不足」へ、「買い手市場」から「売り手市場」へ、新たな局面を迎えている沖縄の雇用情勢。離職率の高さが課題になっており、企業には、人が定着するための賃金の底上げや雇用環境の改善が迫られている。