沖縄県石垣市真栄里の旧石垣空港跡地で見つかった米国製不発弾15発(250キロ1発、50キロ14発)の処理作業が23~25日、いずれも同所で午後9時から行われる。避難半径は166~283メートル。避難対象世帯はないが、23日は一部交通規制がある。新県立八重山病院建設に伴う2016年度不発弾磁気探査事業で見つかり、現地保管されていた。

不発弾処理現場