パン製造・販売業のオキコ(仲田龍男社長)は12日から、沖縄県の豊見城産のマンゴーを使った菓子パン「アゴマゴちゃんのマンゴーホイップメロン」を県内スーパーやコンビニで発売。4年連続の企画で、9月上旬までに6万個を売り出す予定だ。

パンをPRする宜保晴毅市長(右から3人目)ら関係者=日、豊見城市役所

 オキコの地域応援プロジェクト「Yummy!UCHINA」の一環で、オキコとJAおきなわ豊見城支店、原料の加工で沖縄特産販売が協力した。ホイップクリームが均等に練り込まれ、生地にマンゴーの果汁が入っていることが特徴。税込み130円。

 豊見城市役所で12日に開かれた会見で、同社パン営業部の比嘉直次次長は「観光客にも食べてもらいたい」と期待。宜保晴毅市長は「豊見城産マンゴーを広くPRしたい」と話した。