「こんなに生きると思わなかった。迎えはまだかねえ」。本島内の1Kアパートに1人で暮らす90代の崎浜ミヨさんは、投げやりな言葉が口癖だ。それでも要支援2で、身の回りのことはほぼ自分でこなす。