県内空手主要4団体で組織する沖縄伝統空手道振興会の役員らが23日、県庁に富川盛武副知事を訪ね、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産登録に向けた取り組み推進と、県指定無形文化財保持者(空手・古武術)の新たな認定を要望した。

空手振興に向けた協力を求めた阿波根直信会長(右から2人目)と喜友名朝孝理事長(左から2人目)=23日、県庁

 副会長に就任した沖縄空手・古武道連盟の阿波根直信会長は「空手を次代につなぐため、後継者の育成や伝統空手の技と精神の保存継承が必要。保持者の追加認定を進めてほしい」と語った。

 喜友名朝孝理事長は「文化遺産への登録を目指して、有識者委員会を早く設置してほしい」と伝えた。

 富川副知事は「伝統空手は沖縄文化の核の一つ。県としても全力で支え、連携していきたい」と述べ、文化遺産登録に向けた取り組みは県が策定を進める「空手振興ビジョン」の議論で検討していく考えを示した。