プラザハウス(沖縄市、平良由乃社長)が25日、イギリスの伝統菓子「ファッジ」を県産黒糖でアレンジした手作りの「ブラウンシュガーファッジ」を同市のプラザハウス内で新発売する。レシピは、海邦商事のセントローレント真紀社長とザ・ブセナテラスの野上隆ペストリーシェフが共同開発した。

イギリスの伝統菓子ファッジを県産黒糖でアレンジしたプラザハウスの「ブラウンシュガーファッジ」

「ブラウンシュガーファッジ」をPRするプラザハウスの濱崎健外商推進室長(左)と平良由乃社長=23日、那覇市の沖縄タイムス社

イギリスの伝統菓子ファッジを県産黒糖でアレンジしたプラザハウスの「ブラウンシュガーファッジ」 「ブラウンシュガーファッジ」をPRするプラザハウスの濱崎健外商推進室長(左)と平良由乃社長=23日、那覇市の沖縄タイムス社

 プレーン(税別700円)、ラムレーズン(税別750円)、ジンジャー(同)、タンカンピール(同)の計4種類。1袋15個入り。

 国の助成金を受けて地域資源を生かした商品開発に取り組む「プラザハウスプラットフォーム」プロジェクトの一環。黒糖は味を強く感じられるよう加工し、コーヒーやお酒に合うよう仕上げた。パッケージは、イギリスと沖縄の出合いを幾何学模様と手描きイラストの対比で表現した。

 平良社長は「『君はどうしてそんなにすてきなの、ブラウンシュガー』と言いたくなる新しい切り口のお菓子」、濱崎健外商推進室長は「オキナワ・ラブリー・テイストをテーマに地元がもっと好きになれる商品を作りたい」と話した。問い合わせは同社、電話098(932)4480。