翁長雄志知事に、埋め立て承認の早期「撤回」を求める声が強まっている。沖縄県は「撤回」を有効手段と考える一方、「根拠が乏しいまま、伝家の宝刀を抜くわけにはいかない」と、ジレンマを抱える。 撤回の根拠として、義務違反や公益上の必要性が挙げられる。