「工事着工されても諦めてはいけない」。27日、沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前で開かれた県民集会には気温27度、主催者発表で約2千人が集まり、「たくさんの人が座り込めば工事は止められる」との思いを新たにした。