沖縄署は27日、沖縄市の集合住宅で知人男性の頭を床に打ち付け、けがを負わせたとして同市の無職の男(67)を傷害容疑で逮捕した。調べに対し容疑を認めている。被害者の男性(51)=同市=は意識不明の状態で病院に救急搬送されたが、同日午後6時58分ごろ、死亡が確認された。

パトカー(資料写真)

 沖縄署は容疑を傷害致死に切り替えることも視野に、調べを進めている。

 逮捕容疑は27日午前2時ごろ、容疑者が男性を押し倒し、頭部を床に打ち付けるなどの暴行を加え、外傷性急性硬膜下血腫のけがを負わせた疑い。

 沖縄署によると2人は集合住宅に住み、共有スペースで口論になったという。当時、容疑者は酒を飲んでいたという。