【松田良孝通信員】東京出身で石垣島育ちの仲村絢香(あやか)さんが「梨梨亞(リリア)」の芸名で、俳優やタレントとして台湾で活動している。映画やドラマ、CMなどに出演し、キャリアは約10年。昨年10月には中国語で沖縄料理を紹介する著書を台湾で出版し、「台湾の人たちがもっと沖縄に関心を持ってくれれば」と話す。

番組の収録を前にメークする仲村絢香さん=7日、台北市内のテレビ局「八大電視」

 幼い頃に家族と石垣島に移り住み、八重山高校を卒業した。日本国内で働いた後、単身渡台して台湾の大学を卒業し、間もなく台湾の芸能界で活動を始めた。

 俳優を目指していたわけではなく、周囲の誘いなどで仕事をするようになったという。最近では、映画やドラマの中で使われる日本語についてアドバイスをすることもある。

 2016年度に台湾から来沖した観光客は65万人。沖縄の伝統的な料理と長寿との関係に関心も高い。

 仲村さんが出版した本は「沖縄美容料理」と銘打ち、ニンジンしりしりーやソーメンチャンプルー、ゴーヤーチャンプルーなどを紹介。台湾で手に入る食材で沖縄料理を作ることを意識しながら執筆した。 仲村さんは「台湾の台所で沖縄を楽しむことを通じて、台湾の人たちがもっと沖縄に来るようになってほしい」と期待する。