沖縄県議会総務企画委員会(渡久地修委員長)は29日、議員提案での制定を目指す「県不発弾等の根絶を目指す条例」素案について、県執行部の意見を聞いた。謝花喜一郎知事公室長は「条例の趣旨に県として賛同する」と初めて表明した。