金秀グループ(呉屋守將会長)は29日、2017年3月期の連結決算(10社1事業協同組合)を発表した。売上高は、ホテル経営の譲渡や輸入卸事業の縮小などがあり、前年同期比2・4%減の1003億1100万円。7期ぶりの減収となったが、3期連続で1千億円台を確保した。