世界最大級のオンライン旅行会社「エクスペディア」(米国)の日本法人エクスペディアホールディングスの沖縄支店がこのほど、沖縄県内のホテルを予約するタイミングにお国柄があるとの分析結果をまとめた。香港や台湾は宿泊の2カ月以上前が過半数を占めた一方、日本と韓国は3割台で直近型の傾向にあることが分かった。山﨑美穂支店長は「国別の傾向を踏まえたマーケティングが必要。部屋をあらかじめ香港と台湾のお客さんで埋めておくほうが、ホテルの経営上は安心できると思う」と話している。(政経部・平島夏実)

ホテルを予約するタイミング ※エクスペディア調べ

 調査は、昨年5月から今年4月、エクスペディアを通じて県内のホテルを予約した人の傾向をまとめた。同社が送客している県内のホテルは約450軒。うち280軒を本島内のリゾートが占める。

 宿泊の2カ月以上前に予約した人の割合は、台湾が56%、香港が53%。一方、日本は35%、韓国は32%にとどまった。宿泊の1~14日前に予約した人の割合は、台湾が11%、香港が10%で低かった一方、日本は28%、韓国は24%だった。

 4国・地域とも、宿泊の1カ月前の時点で過半数が予約を終えている。ホテルにとっては、宿泊と航空券をセットで売り出すなど、直近よりも2~3カ月前の予約を取り込むための工夫が求められる結果となった。

 県内ホテルの平均宿泊単価を見てみると、宿泊の1~2カ月前が一番高く1万8432円。予約が直近になるほど安くなり、当日予約ではほぼ半値の1万318円にまで落ちていた。