【東京】ひめゆり学徒隊を題材にした創作落語「ニライカナイで逢いましょう~ひめゆり学徒隊秘抄録」を6月に沖縄で公演する落語家の桂春蝶さん(42)が25日、沖縄タイムス東京支社を訪れ、「人間の根源的なものを問うている。沖縄戦の話を通して、命のぬくもりを考えてほしい」と話した。

ひめゆり学徒隊を題材にした落語への思いを語る桂春蝶さん=沖縄タイムス東京支社

 落語を聞いたある観客から最近、感想が寄せられた。何度も自殺を考えた経験を持つ人だったが、「落語を聞いて、自分の命をいたわってあげたいと思った」としたためられていた。春蝶さんは「極限の話を聞いて、心が温かくなれれば」と語る。

 戦争体験という重いテーマだが、「落語には笑いのない人情話や怪談話もある。基本は話芸であり、人間の業を伝えるもの。笑いは一つの要素」と話す。「体験者から受け取った心で話をしたい」と決意を語った。

 沖縄公演は6月24日午後1時半から、浦添市の国立劇場おきなわ小劇場で。問い合わせはクリエイティブワンズ、電話06(6356)6788。