名護市辺野古の新基地建設を巡り、県が工事の差し止め訴訟を提起する方針を固めたことを受け、米軍キャンプ・シュワブのゲート前で座り込む市民らからは30日、「工事を止める新たな一歩だ」と歓迎する声が上がった。一方で、現場での建設阻止に向けた抗議行動を強化する必要性を指摘する意見もあった。