2017年(平成29年) 10月21日

「働く」を考える

 沖縄は平均給与が全国の8割に満たない低賃金社会だ。ワーキングプア(働く貧困層)率は全国一高く、社会問題になっている子どもの貧困は親の貧困に他ならない。労働時間は全国平均より長く、社会保険加入率は低い。さまざまなデータから厳しい労働環境が見える。沖縄の労働者はどのような働き方をしているのか。実態を追い、働く環境改善の方策を探る。

「働く」を考える

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間

注目トピックス