【平安名純代・米国特約記者】米海兵隊が新型垂直離着陸型輸送機MV22オスプレイに射撃装置を搭載し、米本土で訓練を実施していることが31日までに分かった。海兵隊は将来的には従来の輸送機能に攻撃機能を加え、戦闘能力を拡大したい方針だが、現時点での射撃装置の搭載は限定的となっている。