【東京】沖縄振興審議会(伊藤元重会長)が31日、東京・霞が関の中央合同庁舎で開かれ、本土復帰から45年たった沖縄の振興策のあり方について議論が交わされた。委員からは、今後は人材育成や低所得対策、離島振興などに重点を置くよう意見があった。