聞き手は那覇市に住む城間碩也(せきや)さん(24)、語り手は竹富町鳩間島出身の祖母(77)。那覇市に移り、紳士服店で働いた後、1972年から那覇市内で食堂、スナック、居酒屋を32年間経営。「3人の子どもたちを育てるのに必死だった」と語り、復帰前後の生活を振り返った。

(前編)努力重ね店を切り盛り:40ドルぐらいする背広がばんない売れよった 模合やって借金しないで済んだ

(後編)懸命に仕事 苦に思わず:花柄のワンピース着けきれない。目立つから マラリアの薬キナイ飲まされていたさ