4日午前6時半ごろ、沖縄県宮古島市平良狩俣の県道230号で、北向けに走行していた普通乗用車が道路左側の電柱に衝突した。運転していた同市平良の自営業の男性(56)が心肺停止の状態で市内の病院に搬送されたが、同日午前8時12分、死亡が確認された。

(資料写真)パトカー

 宮古島署によると、男性の車は前を走っていた車を追い越した後、電柱に衝突した。現場は見通しのいい片側1車線。雨で路面がぬれていた。署はタイヤがスリップした可能性もあるとみて、事故原因を調べている。