沖縄タイムス+プラス プレミアム

辺野古埋め立て差し止め裁判:国の「恣意的解釈」問う場に【深掘り】

2017年5月2日 16:49有料

 沖縄県は、名護市辺野古の埋め立て工事の差し止め訴訟を提起する方針を固めている。沖縄防衛局が「岩礁破砕許可は必要ない」と主張し、その根拠となる水産庁の見解が、政府一体となって工事を進めるための、防衛局側に立った「恣意(しい)的な解釈」との疑念がぬぐえないからだ。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気