沖縄タイムス+プラス プレミアム

芥川賞作家・目取真俊さん拘束で初弁論 国「反論に3カ月かかる」 辺野古で米軍が8時間拘束

2017年6月2日 12:05有料

 昨年4月、名護市辺野古の新基地建設に反対する抗議活動で米軍に不法に拘束されたとして、芥川賞作家の目取真俊さんが民事特別法や国家賠償法などに基づき、国に60万円の損害賠償を求めた裁判の口頭弁論が1日、那覇地裁(森鍵一裁判長)であった。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気
沖縄タイムスのイチオシ