「昼も夜(よ)も 今日もわめくか 米軍機」。嘉手納町に住む津覇實孝さん(80)は9年ほど前、嘉手納基地に隣接する「安保の見える丘」に自作の川柳を書いた看板を立てた。丘に来る県外の修学旅行生に実態を知ってもらいたかったからだ ▼自宅は基地から100メートル足らず。