沖縄県那覇市の認可外保育園「緑のすず乃保育園」で7月30日昼ごろ、預けられていた生後3カ月の男児が心肺停止の状態になり、搬送先の病院で死亡した問題で、園長の女性が5日、沖縄タイムスの取材に応じた。園長は、乳幼児に求められている10分おきの呼吸確認をしていなかったことを明らかにし、「男児や遺族に申し訳ない」と語った。(社会部・矢野悠希)

男児がいた場所に手向けられた花や菓子=5日、那覇市楚辺の「緑のすず乃保育園」

 園側の説明によると、男児が亡くなった日は、園長と女性職員の2人が勤務していた。

 午前8時ごろ、母親が連れてきた男児を検温すると約37度で健康状態に問題は見当たらなかった。預かり後、男児をベッドに寝かせ、10分おきに体を触って体熱を確認していたという。

 那覇市は認可外保育園に対し、呼吸だけでなく、表情や体熱など6項目を10分おきに確認するよう求めている。しかし、園は全ては確認していなかった。

 午前10時半ごろ、男児のおむつを変えようとした職員が、男児の様子に「何か変だ」と気付き、園長に報告。園長は男児の体を触ったが、温かかったことを覚えているという。この時も呼吸の確認はしなかった。

 午後0時15分ごろ、男児の母親が迎えに来たため、職員と園長が男児を確認すると、体はうつぶせで、顔が横を向いている状態だった。顔色が悪くなっており、検温すると約34~35度だったという。

 この時点で初めて男児が呼吸しているかどうかを確認すると、「なかった」という。ただ、胸に手を当てて心拍を確認したため、「ぐっすり寝ていたのだろう」と考え、おむつを取り換えてシャワーを浴びさせた。このとき、男児の目と口が少し開いていた。

 その後、母親に男児を渡したところ、母親が「亡くなっているじゃないか」と慌てて消防に通報した。

 園長は「呼吸が確認できなかった時点で消防に通報するべきだった。判断は誤りだった」と述べた。

 園長は保育士として20年以上の勤務経験があるが、「危機意識が足りず、必要な業務を怠って大変なことになった」と声を落とした。警察や那覇市の調査に「全て正直にお話ししたい。遺族に謝罪を続けたい」と話した。