沖縄県名護市二見区を流れる二見川上流の通称「ゴンゴン」の小さな滝周辺や沢で5月下旬、3種類のトンボが観察できた。 「オオハラビロトンボ」(トンボ科)は腹の部分が赤く、極端に太く平らで短い体形。腹の長さはおよそ3センチ。群れをなさないのも特徴のひとつ。