沖縄タイムス+プラス プレミアム

県「使用しない」・国「騒音なければ」・米軍「必要なら」 嘉手納基地の旧駐機場使用で解釈に差

2017年6月6日 10:00有料

 米太平洋空軍の在韓米軍烏山(おさん)基地所属のU2偵察機が、今年1月に移転が完了した米軍嘉手納基地の旧海軍駐機場を使用している問題で、県は5日、日米特別行動委員会(SACO)最終報告では「駐機場機能の全移転」で合意しているとし、認識が異なる沖縄防衛局へSACOの解釈に関する照会文書を送った。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気