第1シードの沖縄尚学は投打のバランスが良く、総合力で頭一つ抜けている。1回戦の好カードとなった宜野湾-那覇は両校ともに2年生エースを擁し、投手戦の様相。秋、春ともに沖尚を苦しめたコザ、春初戦で31点を挙げた名護の一戦も注目だ。実力を伸ばしてきた那覇商業、秋8強の宮古総実も侮れない。