沖縄県うるま市にある中部農林高校の食品科学科の生徒がこのほど、クヮンソウ(和名・アキノワスレグサ)の花や葉を使ったドレッシングを開発した。5月21日には校内で限定21セットの試験販売を実施。今後は花が咲く秋ごろの一般販売を目指して、校内で栽培に取り組む。