沖縄タイムス+プラス プレミアム

【解説】「知事の本気度」県内外へ発信 訴訟は漁業権解釈で攻防

2017年6月8日 09:28

 名護市辺野古の新基地建設で、翁長雄志知事が、岩礁破砕行為の差し止め訴訟を提起するのは、「県の許可は不要」という防衛局の主張と、その根拠となる水産庁の見解が「工事を進めるための恣意(しい)的な解釈ではないか」との疑念が拭えないからだ。

沖縄県知事 翁長雄志の「言葉」

沖縄タイムス社 (2018-09-13)
売り上げランキング: 64,807

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「やばい、知事の遺言が残ってた」動揺する記者 急転直下、裏取り急ぐ

 名護のトラウマ 沖縄知事選「接戦」報道に疑念 予想的中した現場感覚

 「なぜあんたが出ない」革新側に吹き続けたすきま風 宜野湾市長選の舞台裏

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス プレミアムのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS