沖縄タイムス+プラス プレミアム

【「辺野古」提訴表明】沖縄県議会 与党「適正な判決期待」 野党「政治交渉で解決を」

2017年6月8日 13:50有料

 名護市辺野古の新基地建設問題を巡り、翁長雄志知事が工事差し止め訴訟を提起する考えを発表した7日、県議会の与党会派からは建設阻止に向けた手法の一つとして支持する声が上がった。一方、野党や中立からは司法の場での対立ではなく、政治交渉などでの解決を求めた。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気