沖縄タイムス+プラス ニュース

辺野古新基地、再び法廷闘争へ 翁長知事の覚悟 県民に賛否の声

2017年6月8日 09:18

■「無許可で工事」

 名護市辺野古で進む新基地建設を止めるため、県が新たな一手を打ち出した。翁長雄志知事は7日、国を相手に工事差し止めを求める訴訟を7月に起こすことを明らかにした。違法確認訴訟の敗訴から半年。護岸工事が進む中、再び国との法廷闘争に入らざるを得なかった翁長知事には焦りもにじむ。

会見で弁護士の説明を聞く翁長雄志知事(右)=7日、県庁

 「敗訴が確定したから(国が工事を)自由にやれるということではない。無許可での工事が始まっており、県として差し止め訴訟が可能と判断した」

 7日午後5時から県庁で始まった記者会見。100人近い報道陣が集まる中、翁長知事は、国を相手に法廷闘争に持ち込んだ理由を淡々と説明した。約30分の会見中、「原点」という言葉を何度か使い、改めて新基地建設を止める覚悟を示した。

 語気が強まったのは、国が工事を始めるのに知事の岩礁破砕許可が「不要」と法解釈した点に触れたときだ。「政府や水産庁はこれまでの考え方をいとも簡単に変えた」と批判し、「同じ行政庁の内々で物事の判断が変わるのは大変残念だ。県民が理解できるものではない」と眉間にしわを寄せながら訴えた。

 会見には、県が法律相談をする弁護士3人が立ち会った。法解釈や、実際に岩礁破砕が確認される前に提訴する理由に質問が及ぶと、翁長知事は弁護士に回答を促した。松永和宏弁護士は「岩礁破砕がまさに差し迫っている。強引にやるのは非常に問題だ」と代弁した。 

沖縄県知事 翁長雄志の「言葉」

沖縄タイムス社 (2018-09-13)
売り上げランキング: 64,807

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS