コンビニエンスストア国内最大手のセブン-イレブン・ジャパン(東京)の古屋一樹社長は9日、沖縄県庁で記者会見し、沖縄へ出店する意向を表明した。2019年度をめどに出店を始め毎年、約50店ずつ増やし、5年後には250店を展開する予定。