オニヒラアジ接岸の目撃情報が相次ぐうるま市の新夢咲公園前の海岸。

新夢咲公園前海岸で54.2センチ、3.05キロのチンシラーを釣った上原豊久さん=2日

名護海岸で44センチ、1.64キロのカーエーを釣った安仁屋浩貴さん=5月27日

西崎海岸で64・5センチ、3・2キロのタマンを釣った赤嶺優樹さん(左から2人目)=5月27日

瀬長島で74センチ、5・73キロのタマンを釣った儀間康幸さん(中央)=2日

中城海岸で69・5センチ、3・66キロのタマンを釣った小嶺裕也さん(左)=4日

海中道路でマルコバンアジを釣った玉城卓郎さん(左)=4日

座間味島で73.8センチ、5.19キロのタマンを釣った新城光夫さん=5日

西洲で62・5センチ、2・54キロのタマンを釣ったTNFCの高良英充さん=1日

新夢咲公園前海岸で54.2センチ、3.05キロのチンシラーを釣った上原豊久さん=2日 名護海岸で44センチ、1.64キロのカーエーを釣った安仁屋浩貴さん=5月27日 西崎海岸で64・5センチ、3・2キロのタマンを釣った赤嶺優樹さん(左から2人目)=5月27日 瀬長島で74センチ、5・73キロのタマンを釣った儀間康幸さん(中央)=2日 中城海岸で69・5センチ、3・66キロのタマンを釣った小嶺裕也さん(左)=4日 海中道路でマルコバンアジを釣った玉城卓郎さん(左)=4日 座間味島で73.8センチ、5.19キロのタマンを釣った新城光夫さん=5日 西洲で62・5センチ、2・54キロのタマンを釣ったTNFCの高良英充さん=1日

 上原豊久さんは仕事が休みとなる2日、午後に消波ブロックから専用のウキ釣り仕掛けを遠投して狙うことにした。

 断続的な雨で釣り人も全く見えない状況。遠投した海底に島エビの餌を漂わせる。

 午後2時、沖に向かって一直線に逃げ去るアタリをとらえた。これは本命のオニヒラアジの感触に違いないと、10分間のやりとり後に中層まで浮いてきた黄色い魚体を見て「大きなマクブが釣れた」と大喜び。

 ところが、海面に現れたのは54・2センチ、3・05キロの大きなチンシラー。想定外の大物に驚いた様子だった。

 【仕掛け】ロッド銀狼 王牙1号、プレイソ2500、道糸3号、ハリス2号、針4号(名嘉山博 釣りPower)