コンビニエンスストア国内最大手のセブン-イレブン・ジャパンが沖縄県内出店を正式表明した。2019年度をめどに出店し、5年間で一気に250店を展開する計画だ。人気のプライベートブランド(PB)商品で幅広い層から支持を得るセブンの参入は、県内小売業者にとって「大きな脅威」(関係者)。