大雨の影響により沖縄本島北部では14日、土砂崩れや市街地の道路が一時冠水するなどの被害があった。名護市や東村は避難準備情報を出して早期の避難を促すなど、各自治体は避難所を設け、警戒を呼び掛けた。