国立沖縄工業高等専門学校発のバイオベンチャー企業、フルステム(那覇市、社長・千葉俊明沖縄高専特命教授)はこのほど、再生医療の普及に向け、低コストで最少の人員で細胞を培養する技術を確立した。年内に自動培養装置を開発する予定で、完成すればクリニックなど小規模施設でも再生治療が可能となる。