胃心地いいね

やんばるのカラフルな野菜で「元気になる輪」 名護市名護「Cookhal(クックハル)」

2017年6月17日 07:30

 なるとのように渦を巻くビーツ、一口サイズのラディッシュ、みずみずしいミニトマト。器の中に並ぶカラフルな野菜は、見ているだけでも元気をもらえそうだ。

やんばる産の野菜をたっぷり使った「YAKI-Panino」

芳野幸雄社長(中央)、尾崎千晶店長(右)らスタッフ。店内では野菜の販売もしている=13日、名護市名護

クックハルの場所

やんばる産の野菜をたっぷり使った「YAKI-Panino」 芳野幸雄社長(中央)、尾崎千晶店長(右)らスタッフ。店内では野菜の販売もしている=13日、名護市名護 クックハルの場所

 名護市のなごアグリパーク内にあるCookhal(クックハル)のメニューは、やんばるで採れた新鮮な野菜をふんだんに使う。「最近、野菜が足りてないな」という人にもお薦めだ。

 店を運営するクックソニア社長の芳野幸雄さん(47)が3年前にオープンした。名護市古我知にある自社農園で夏は20~30種、冬は70~80種の野菜を栽培し、店のメニューに使う。他にも名護市羽地産の米、大宜味村産の卵など、やんばるの食材にこだわる。

 店一押しの「YAKI-Panino(ヤキパニーノ)」(750円)は、県産小麦を使ったパンに県産豚100%のソーセージ、紫キャベツのザワークラウトをサンド。パンの中に塗る粒マスタードも、自社農園で栽培するシマナーの種を使うというこだわりようだ。皿に盛られる野菜は、季節によって旬のものに変わる。

 ランチで人気の「畑人(ハルサー)ボウル」(650円)は、店オリジナルのタコライス。やんばる産の豚ひき肉の上に、色とりどりの野菜とチーズがたっぷり盛られる。期間限定のメニューもあり、今は「サラダキーマカレー」(900円)などが楽しめる。店の隣の加工場で作った「やんばるピクルス」やソーセージ、自社農園や農家仲間から届く採れたての野菜を買うこともできる。

 もともと東京で野菜流通の企業に勤めていた芳野さん。14年前に沖縄へ移住し、一から農業を学んだ。「地元の人が地元の物を食べる。そのサイクルがうまく回れば、農家が、地域が元気になる。そういう輪をつくっていきたい」と夢を語った。(北部報道部・西江千尋)

 【お店データ】名護市名護4607の1、なごアグリパーク内。営業時間は午前9時~午後5時(モーニング午前9時~10時45分、ランチ午前11時~午後3時)。不定休。駐車場あり。電話0980(43)7170。

  連載「胃心地いいね」の記事をまとめたグルメサイトの試験版がこのほど、開設された。サイト名は「Dikitoon.com(ディキトーン・ドット・コム )」。2003年の企画開始からの過去記事のうち約250件を掲載。地図検索もでき、現在地から近い飲食店も探せる。利用者の反応を見ながら、改善を続け、完成を目指す。アドレスは https://www.dikitoon.com/

連載・コラム
記事を検索
注目コンテンツ
全国電話世論調査2021
全国電話世論調査2021
世論調査について、ビジュアル重視のデジタルコンテンツを作成。緊急世論調査の内容をお届けします。
復帰のエピソードお寄せください
復帰のエピソードお寄せください
日本復帰にまつわる体験や、半世紀を振り返っての思いなどをお寄せください。
「衆院選2021」特集
「衆院選2021」特集
デジタルコンテンツ「衆院選2021」は、「データで見る選挙の歴史」など計6回程度を順次掲載予定です。
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
Kiroro玉城千春さんが沖縄県内の小・中学校を訪ねて、夢、命の尊さを届けます。
不器用トーク・アーカイブ
不器用トーク・アーカイブ
不器用トークのアーカイブページです。毎月1回、まさに今、現場で取材している記者たちが、それぞれのテーマについて熱く語ります。
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
胃心地いいね
胃心地いいね
沖縄タイムスの各市町村担当の記者が、地域で話題のお店や人気グルメを食べ歩きます。
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。
沖縄球児の思い出づくりサポート 高校野球写真サイト
沖縄球児の思い出づくりサポート 高校野球写真サイト
沖縄の高校球児たちの思い出づくりをお手伝いするために、県内大会の写真販売サイトを開設しました。※閲覧・購読は関係者のみ。パスワードが必要です。
沖縄タイムスのイチオシ