沖縄県中城村泊の県道146号沿いで斜面の一部が崩れ落ち、歩道に土砂が積もり、通行禁止になっていた現場は18日午前8時、片側通行となった。 同日午前、県中部土木事務所の職員らが状況を確認し、緊急作業を行った。斜面側の車道を約40メートル区間、片側通行としている。