子どもや女性を狙った「声掛け」や「つきまとい」など、性犯罪につながる恐れのある前兆事案の認知件数が2014年は前年より119件増の375件(暫定値)となり、過去最多だったことが28日までに沖縄県警のまとめで分かった。これまで最も多かった11年の342件を更新。