琉球時代の焼き物の復刻に挑戦している沖縄県内の陶芸家6人が28日、那覇市牧志にある琉球陶芸の始祖といわれる朝鮮人陶工、張献功(ちょう・けんこう)の墓を訪れ、試作品の完成を報告した。  参拝したのは松田米司さん、宮城正享さん、玉城望さん、玉城若子さん、江口聡さん、仲里香織さん。