沖縄タイムス+プラス プレミアム

ニコルソン司令官「好意的通報」 米軍F35B初飛来で 沖縄県は負担増懸念

2017年6月20日 08:34有料

 第3海兵遠征軍司令官で在沖米軍トップのローレンス・ニコルソン中将は19日、最新鋭ステルス戦闘機F35B3機が、同日午後に初めて嘉手納基地へ飛来すると富川盛武副知事へ口頭で伝えた。富川氏は嘉手納基地の負担が増大している現状を念頭に「外来機の飛来の常態化はあってはならない」と申し入れた。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間