19日から20日にかけて沖縄県内で降り続いた大雨は、各地で6月の観測記録を更新し、冠水や土砂崩れなどによる生活道路の分断や水産業への被害が広がった。 宜野座村漢那の海域には、大雨で赤土が流れた。