沖縄県は30日までに、「こども医療費助成」通院費の対象を現在の3歳以下から就学前までに拡大する方針を固めた。県と市町村が半額ずつ負担するため患者は無料となる。対象年齢の引き上げは8年ぶり。