【糸満】沖縄野鳥研究会の大城亀信さん(61)が、衰弱したタカの一種「ミサゴ」を市内で保護し、25日放鳥した。野鳥観察を始めて30年余り、市西崎町の糸満漁港北地区から元気よく羽ばたいていった鳥に「最高の気持ちでした」と喜んでいる。