沖縄タイムス+プラス プレミアム

<高江ヘリパッド使用めど立たず>工事費15倍、のり面崩壊、赤土流出… 実績焦った「つけ」次々

2017年6月22日 13:34有料

 政府が沖縄県東村高江周辺の米軍北部訓練場内に建設し、昨年12月に米側へ提供した四つのヘリパッドを巡り、米軍の使用開始時期のめどが立っていないことが明らかになった。負担軽減策をアピールするため市民や記者を排除し、自衛隊ヘリまで持ち出して2016年末の完成を急いだ安倍政権。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
沖縄タイムスのイチオシ