沖縄県専修学校各種学校協会の呉屋良昭会長と石川正剛副会長は21日、内閣府を訪れ、沖縄県内の専門学校で学ぶ外国人留学生が国家資格を取得後、引き続き県内で働けるよう国家戦略特区を活用しての就労資格拡充を求めた。 現行法では、介護士と看護師は国家試験に合格すると日本で働くことができる。