沖縄タイムス+プラス プレミアム

「カメラいない場所では激しい対応」 高江ヘリパッド取材の写真家 報道への弾圧と警鐘

2017年6月22日 21:00有料

 【東京】アジア記者クラブの6月定例会が21日、千代田区の明治大学で開かれ、米軍北部訓練場のヘリパッド建設反対運動の取材中に逮捕され、不起訴になった写真家の島崎ろでぃーさんが基地の建設現場では、報道や表現の自由が弾圧されつつあると警鐘を鳴らした。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気
沖縄タイムスのイチオシ