先週から沖縄県で続いた大雨による赤土流出で、宜野座(ぎのざ)村漁協が養殖モズクの被害額を約1500万円と試算していることが21日、分かった。赤土が付いたモズクは枯れて切れており、白い網が赤黒く染まっている。 モズクは現在収穫期の終盤。