沖縄戦から72回目の6月23日を迎えた。沖縄県内ではいまだ2012トンの不発弾が埋没していると推定される。年間の平均処理量は約30トンで、全てを処理するにはさらに70年を必要とする見通しだ。